【AWS解説】プログラミング不要!スプレッドシートでアプリを作ろう!「Amazon Honeycode」の特徴・使い方

こんにちは!

米国時間6月24日、プログラミングを一切することなく、モバイルアプリケーションやウェブアプリケーションを構築できるようになるサービス「Amazon Honeycode」を発表しました!!

ZDNet Japan

Amazon Web Services(AWS)が、プログラミングを必要とせず、モバイルアプリケーションやウェブアプリケ…

今日は「Amazon Honeycode」の特徴や使った感想についてレポートしたいと思います!

Amazon Honeycodeってなにができるの??

Amazon Honeycodeは、

プログラミングを一切することなく、モバイル/Webアプリケーションを構築できるようになるフルマネージド型のサービスです。

フルマネージド型というのは、全部Amazonがサーバーとかを管理してくれて、使う人はアクセスするだけでいいよ!というAWSのサービス形態のことです。

スプレッドシートインターフェースによってアプリケーションを構築できるので、
プログラミング経験がなくてもスプレッドシートの使い方を知っているだけで大丈夫です!

元々スプレッドシートで管理していたけど、アプリ化できたらいいのにな〜と思っていた、
チームのタスク管理、プロジェクト計画、イベント管理、定期的な更新やステータスレポートなど、
チームでの共有に便利なアプリを構築できるツールとなっています!

例えば、テンプレートとして用意されているアプリケーションとしては下記のようなものがあります。

  • Simple To-do→シンプルなto doリスト。
  • Customer Tracker→顧客関係管理。誰との商談がどれくらい進んでいて、どの程度成立しそうかとか。
  • Simple Survey→アンケート。
  • Inventory Management→在庫管理。
  • Content Tracker→開発管理。どのくらい製品開発が進んでいるか?という感じ?
  • Timeoff Trecker→有給申請。
  • Event Management→イベント管理。何のセッションが何時~何時まで開催されて、誰が話すかとか。
  • Team Task Tracker→チームのタスクを管理するやつ。
  • Weekly Demo Schedule→?(あとで見てみます)
  • Field Service Agent→?(あとで見てみます)
  • PO Approvals→上司に承認依頼するやつ

料金は??

3つの料金設定があり、Basicプランでは、20人まで無償でアプリケーションの共有が可能です。
それ以降は、ユーザー1人あたりと、そのアプリが使うストレージの容量に応じて課金されます。

BasicPlusPro
  • One team of up to 20
    (20人まで共有可)
  • 2,500 rows/workbook
    (一つのワークブックにつき2,500行まで)
  • Unlimited workbooks
    (ワークブックの数は無制限)
  • $19.99 for team of 20
    (20人で$19.99)
  • 10,000 rows/workbook
    (一つのワークブックにつき10,000行まで)
  • Unlimited workbooks
    (ワークブックの数は無制限)
  • $9.99/additional member
    (追加メンバー一人につき$9.99)

For larger projects, more data capacity, and additional users.

  • $29.99 for team of 20
    (20人で$29.99)
  • 100,000 rows/workbook
    (一つのワークブックにつき10,000行まで)
  • Unlimited workbooks
    (ワークブックの数は無制限)
  • $19.99/additional member
    (追加メンバー一人につき$19.99)

Higher data capacity to support your largest projects.

参考:https://www.honeycode.aws/pricing
え、PlusとProの差って何??と思ったのですが、データ容量が違うようです。

制約は??

現在は、オレゴンリージョンのみで利用可能

ただし、今後は他の地域にも展開される予定です。

BasicプランではAWSサービス上のDBなどを参照することができない

Amazon DynamoDBといったAWSサービス上のDBサービスを参照する事はできません。AWS上で作られたデータをHoneycodeで扱えるようにするためには、Honeycode APIを経由してTablesに入れる必要があり、APIを呼ぶためにはPlus以上のプランが必要になります。

【使い方】To Doリストのハンズオン

①サービスにアクセスします (https://us-west-2.console.aws.amazon.com/honeycode/home?region=us-west-2#/landing)

②アカウントを作ってログインします。

 

③Honeycodeのトップページでは、自分が過去に作成したアプリケーションを一覧で管理することができます。

④「Create Workbook」から新しいアプリケーションを作成します。
予め用意したCSVファイルから作成する方法、テンプレートを利用する方法、まっさらなワークブックから始める方法があります。

⑤スプレッドシートにデータを入力します。

⑥アプリ画面を確認します。

⑦スプレッドシートを見ながら、どこに何を表示するかや、背景色などを設定していきます。
最後に画面右上のView appをクリックして確認!完成です!

 

参考になるURL

  1. ユーザーガイド
    https://docs.aws.amazon.com/honeycode/latest/UserGuide/honeycode-ug.pdf
  2. Honeycode Community
    https://honeycodecommunity.aws/
  3. Honeycode Essential(2.のHoneycode Corsesから辿れます)
    https://www.honeycode.aws/courses/honeycode-essentials/index.html#/
  4. Amazon Honeycode 上でのデータの扱いとAWS上のデータを扱うためには
    https://qiita.com/ma2shita/items/0d33fdc7c002413eb1bb

感想

感覚的に操作できるのでとっても簡単でした!

これからもっとノーコードでアプリが作れるようになるといいですね!

旅行行くときのto doリストとか今度作ってみようかな〜。

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Podcast番組「#バタ日」配信中

夢の国▶︎京大▶︎外資系コンサルでのブラック勤務を経験したワラカミが好きに自分の頭の中身をお話するトーク番組です。 HSPさんは海外に行くと本当に楽になるの?ダメな自分を受け入れて生きるとどうなる?"Enjoy your Life!"

CTR IMG