【書評】『オバサンの経済学』( 2007)を読んだ感想 – 日本女性の雇用問題について

7Days Book Cover Challenge Day4【May 2】

こんばんは😊

今日は「オバサンの経済学」という本を紹介します。(2007)

皆さんは”オバサン”という言葉を聞いてどう思いますか?
私は大阪に住む親戚が多いこともあり、”キビキビしている”とか”楽しい人”というイメージがあります。
小さい女の子も”オバサン”の卵、と育てられていますし、
それは普通に面白いと感じます。
反対に本当に”オバサン”と言われることが嫌な方もいます。
そのため、この著書名を見て不愉快に思われる方もいるかもしれません。
これだけは言わせてください。
この本は、”オバサン”というキャッチーな言葉を使用して執筆されているものの、よく読めばちゃんと、
一般的には中年ごろであろう女性の課題を提起してます。

腹を括った強い女性のお話

電車の座席で、そこを詰めてくれたら座れるのにな・・・という座席に、
“オバサン”は座ることができる。なぜなら恥を捨て、腹を括っているから。
両端に座っていた人は「まじ?」と思うかもしれませんが、
それでも、“オバサン”の行いは経済合理的です。
その行動で、本来座れるべき人数がちゃんと席に座れるのですから。
私は見たことありませんが、著者の周りには女子トイレが混んでいる時に、
男子トイレに入れる”オバサン”がいたようです。
これも、もし本当ならば、空いているトイレを使う行動であり、
経済合理的ですね。
著書では”オバサン”の定義を”女らしさ”を捨てた人と定義しています。
最初にこれを読んだ時は、正直「はっ?」って思いました。
なんで女だからってそんなこと言われなきゃいけないんだ、と。
でも、よく読むと女だから女らしくしろという話は全くしていません。
むしろ、腹を括って行動をしてくれる強い女性よ、ありがとう、ことを言いたいのだろうとすら感じました。
著書では、労働者としての”オバサン”、消費者としての”オバサン”の双方について言及しています。

なぜ”オバサン”になる意思決定をするのか?

“オバサン”は単純に年齢で分けられるものではありません。
その人の意思により”オバサン”化します。

古来、男性と女性には性差があまりなかったとしています。確かに、”女性はかつて太陽であった”という言葉もありますね。

それが、中世以降に”イエ”という制度ができ、
家庭内の分業が始まったことから、女性が家事をするという風潮ができていきます。

“オバサン”の歴史は、江戸の中期に始まるようです。
昔の”オバサン”化の背景には、”貧しさ”ゆえに”女性らしさ”を捨てざるを得なかった人もいただろうと述べています。

また、結婚や出産により自分より家庭を優先するようになった時や、
仕事を辞めて美醜にコストをかける対価が得られなくなるなどの要因もあり、
女性が”オバサン”化するとしています。

余談ですが、今、リモートワークをしている方にお聞きしたいのですが、
“オバサン”化していませんか?もしかすると、消費行動のヒントは”オバサン”にあり?かもしれません。

“オバサン”の労働はどう変わったか?

今、こうして感想を書いているのは2020年です。
本が執筆された2007年当時と比較して、女性の労働状況も変わりました
一方で、残念ながら2007年時点で問題視されていたのに、
変わっていない状況も続いていると感じました。
M字型就労とは、日本女性の就労者割合が、20代をピークに、30代ごろに一度下がり、40代頃に改善することを言います。そのグラフの形がMに似ていることからその名が付けられました。
日本経済新聞

女性の就業者数が初めて3000万人を突破した。女性が出産や育児で仕事を辞め、30代を中心に就業率が下がる「M字カーブ」が…

そのM字カーブは大きく改善しています。
一方で、再就職した女性は非正規社員が多いのが実情です。
また、2007年時点でも、一度主婦になって戻ってきた人材が働ける場所は、
“女性らしさ”を捨てざるを得ない職種であることも多いです。
他にも代わりの効かない仕事、言い換えれば、責任の重たい仕事を引き受けづらいなどの事情があるでしょう。

 とはいえ、責任の重たい仕事を引き受けるモチベーションがない。女子だからというより、一人の若者として。

客観的な目線と個人の目線で若い女子は責任ある仕事をやるべきか、を考えます。

客観的目線では、やるべきです。
つい先日、私はありがたいことに正社員としてサラリーマンをしていますが、ある”おじさま”から、
「そういう仕事につく人は、統計学的に独身である場合が多い。なぜなら、相手の収入に期待できず、自分自身で稼ぎたいと考えるからだ」と言われてしまいました。心にモヤモヤが残りました。
不安があって正社員の仕事を選ぶのは、男性も女性も関係ないのではないでしょうか。。。

しかし、仕方がありません。
現状はサンプル数が少ないし、それを反論出来る人がいないのでしょう。

一人でも多くのロールモデルが誕生することは歓迎するべきです。

一方で、個人の目線では、あまりやりたいとは思いません。
誤解していただきたくないのは、これは女性だからという問題ではなく、
現在の若者には、一つの仕事に縛られることへの抵抗が少なからずあるでしょう。

おわりに

人は誰しも、年を取ります。

働く女性が増えれば、”女性らしさ”を維持する人がふえ、
“オバサン”が減少するでしょう。

どのような年の重ね方をするのが幸せなのだろうと考えてしましました。

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Podcast番組「#バタ日」配信中

夢の国▶︎京大▶︎外資系コンサルでのブラック勤務を経験したワラカミが好きに自分の頭の中身をお話するトーク番組です。 HSPさんは海外に行くと本当に楽になるの?ダメな自分を受け入れて生きるとどうなる?"Enjoy your Life!"

CTR IMG