【書評・感想】『カラフル』森 絵都著

Twitterで紹介されているのをみて、興味をもち、久しぶりに小説を読んでみました。
カラフル (文春文庫)」をご紹介します。

書籍紹介

カラフル
森 絵都(著)

文庫: 259ページ
出版社: 文藝春秋 (2007/9/10)

内容紹介

この物語の主人公は、生前の罪により輪廻のサイクルから外されたはず”ぼくの魂”。

天使業界の抽選にあたり、再挑戦のチャンスを得る。

自殺した中学3年生小林真の体に”ホームステイ”し、修行を積む。

修行が順調に進むと、ある時点で自ずと前世の記憶を取り戻し、
前世で犯したあやまちの大きさを自覚したその瞬間、ホームステイが終了。

魂を借りていた人間の体を離れて昇天し、無事に輪廻のサイクルに復帰できる。

“ぼくの魂”の”ホームステイ”生活やいかに・・・

気に入ったセリフ

人間には色々な側面がある。それを美術が得意だったらしい小林真として放つセリフ。

「みんなそうだよ、いろんな絵の具を持っているんだ、きれいな色も、汚い色も」

感想

読みやすく、1時間ほどでさらっとのめり込んで読むことが出来ました。

ある人の人生を客観的に見てみると、全く違った世界が広がっている。

自分自身にも、周りの人にも、色々な側面があり、
それは普通のことなのだと気がつかされます。

つい周りと比較して、うまくいかないと思ってしまう社会人でも、
スッと心に入ってくる作品です。

 

詳細はこちらからどうぞ↓

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Podcast番組「#バタ日」配信中

夢の国▶︎京大▶︎外資系コンサルでのブラック勤務を経験したワラカミが好きに自分の頭の中身をお話するトーク番組です。 HSPさんは海外に行くと本当に楽になるの?ダメな自分を受け入れて生きるとどうなる?"Enjoy your Life!"

CTR IMG